FC2ブログ

おんぶログ

米国カルフォルニア州でクラフトと韓国ドラマにどっぷりはまった生活をしています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オーダーバック(正倉院文様)

イベントの時、アンティークな布をバックに仕立てて欲しいとご依頼がありました。
興味津々で取りに伺ったら こんな桐箱に入っておりました(汗) 
昭和17年(1942年)に高島屋でご購入のサインが入ってます。 
S__991304_convert_20180722042400.jpg

布は正倉院文様狩猟紋だろうとおもわれますが、あまりにも高級な雰囲気に ちょっと腰が引けてしまいましたが、デザインの打ち合わせをしながら どんな仕上がりになるのか想像するだけで ゾクゾクしてきました。
小さなお座布団のような形をしていましたが それを解き、張っていた接着芯?裏地?も取り、、、使われていた縫い糸は見事にプツプツ切れてしまいました。

布を購入してからすでに76年もたっているわけで 実際にはどのくらい古いものかは想像できないものでしたが、なんせ、汚れが、、、シミも少しありますし、、とても そのままハサミを入れることが出来ず、ずいぶん悩みましたが 思い切って洗う事にしました。
水にデリケート用の洗剤を溶かし(匂いの無いナチュラルな洗剤を使用) 優しく押し洗い、、一回2回と押すだけで長年の汚れがどば~っと 出てきまして 水が真っ黒に。 匂いもすごい、、、ほんと すごい匂いでした(汗)
長く水に浸しておくのは良くないだろうとおもい、素早く水を取り替えて 何度も何度も 洗いとゆすぎを繰り返し ようやく 水が濁らなくなったところで終了! 絞らないように バスタオルで挟んでタオルドライしてから ネットに乗せて半乾きにしてアイロン。
布に湿気が残っているといけないので、取り合えず この日はここで作業終了。

布は織りのシッカリしたのもですが やわらかくてハリが少ないので布の接着芯を張ることにしました。
パリン!として とてもいい感じになったんですが、おそらく 私のミシンでは ぎりぎりの厚さ。。。大丈夫かなあ?と思いつつ 一気に縫製作業に突入。

完成品がこちら 
S__991305_convert_20180722042326.jpg

とりあえず、ミシンも問題なく耐えてくれたし、納品も終えてホッとしました。 素敵な時間、楽しかった作業でした。

ポチ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

| 布小物 | 12:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT